オキシクリーンを使って生乾き臭をリセット

ドラム式洗濯機を使って早2年。天候に左右されず、洗濯の煩わしさから解放された生活を送っていました。
洗濯機から洗い立ての毛布やタオルを取り出す瞬間がたまらなく、大好き。
もう、洗濯のことで悩むことはない・・・そう思っていました。

異変を感じたのは、今月の梅雨時。外は雨、湿気に悩まされる季節です。でも私にはドラム式洗濯機があるから大丈夫!そう高を括っていたのですが、洗濯を終えたタオルの様子がなんだかおかしい・・・・
いつもは芳香剤の香りだけがふわりと漂うはずなのに、なんだか生乾きっぽい臭い・・・・毎回ちゃんと乾燥させているから、臭わないはずなのになぁ・・・・乾燥し終わったあと、洗濯機の中に放置していたのがいけなかったのかもしれません。梅雨時は乾燥が終わったらすぐに取り出すようにしよう!と予約時間を利用して、なるべく放置しないように気をつけていました。

しかし、一度ついた生乾き臭はそう簡単にはとれなーい・・・・始めは1枚気になるタオルがあるくらいだったのに、気づけば家中のタオル類が臭う・・・・なんとか気づかないふりをしてここまで生活していましたが、ついに我慢ならなくなり、『タオル 臭い 取り方』でネットで検索。

色々なやり方はあるけど、やりやすそうなオキシクリーン漬けを実践。

60度のお湯にオキシクリーンを溶かして
気になる衣類を20分間つけ置き
→脱水後、洗濯乾燥コース

洗濯機からタオルを取り出し、早速匂いを嗅いでみると・・・・

と、とれてるーーーー!!!!

こんなに簡単なやり方なら、どこかの週末にやればよかった。。。
タオルがいい匂いってだけで、お風呂上がりの体をふく時間がきもちよかったです。こういうちょっとしたところを改善していくだけで、暮らしの質は断然よくなりますね。今度からは面倒くさがらず実践しよう。

このやり方だったら、タオルだけでなく気になる衣類にも使えそうですね。色落ちだけ気をつけて実践してみようっと。

もう三年選手になるタオルちゃん
ボロボロになるまで使うね。
できればあと一年くらい、よろしくね。

オキシクリーンを出したついでに水回りをピカピカにしました。


オキシクリーンは本当に便利。
色々落ち着いたら、またコストコ行きたいな〜〜〜〜。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA